ソラチカカード入会でお得にマイルを貯めるポイントサイト(2019年6月)

ソラチカカードに申込で獲得できるマイル数

2019年6月9日時点の情報ですが、JCBのANAカード入会キャンペーンです。

陸マイラーには、必須のソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)でのマイル付与が、最大19,600マイル相当です。なぜ必須かといえば、後ほど詳しく述べますが、各種ポイントをANAマイルに高還元率で交換することが可能になるからです。

この画面の33,400マイル相当というのは、ANA JCBカード プレミアムカードの場合でして、ソラチカカードの場合は、19,600マイルです。

詳しく言うと、

通常入会 ボーナスマイル:1000マイルに加えて、

JCB主催の入会キャンペーン

  • MyJチェック登録:400 Oki Dokiポイント
  • カードご利用70万円(税込)以上:5,800 Oki Dokiポイント

JCB主催の入会キャンペーンでもらえる最大6,200 Oki Dokiポイントは、1 Oki Dokiポイントが、3マイル換算ですので、18,600マイル相当です。

ANAカードの通常入会ボーナスマイルと合計すると、最大で19,600マイルということです。

ソラチカカード入会キャンペーンの獲得マイル数を増やす方法

JCBの公式サイトでは、1 Oki Dokiポイントが、3マイル換算ということで、上記の19,600マイルという表示になっていますが、Oki DokiポイントのANAマイル換算率を上げる方法があります。

それが、メトロポイントへの交換です。というのも、1 Oki Dokiポイントは、5メトロポイントに交換することができて、メトロポイントは90%の交換率でANAマイルに交換することができるので、Oki Dokiポイントのマイル還元率としては、1 Oki Dokiポイントは、4.5マイルに交換できます。

これは、ソラチカルートと呼ばれる方法で、To Me CARDを持っている方だけが利用できる交換ルートですね。

このカードを持っていると、Oki Dokiポイントをメトロポイントに交換するができるようになります。1 Oki Dokiポイントは、5メトロポイントに交換できます。そして、メトロポイントはANAマイルに交換することができて、その交換率は90%ですから、1Oki Dokiポイントは、4.5 ANAマイル相当です。Oki Dokiポイントを直接ANAマイルに交換せずに、1回メトロポイントを経由することで、交換率が増えるということですね。

Oki Dokiポイントからメトロポイントへの移行の申請は毎月10日に締め切り、翌月11日ごろにメトロポイント側で利用できます。その後、メトロポイントからANAマイルに移行しますので、時間はかかりますが、Oki Doki 1ポイントが、3マイルになるか、4.5マイルになるかというのは、大きな違いですよね。

また、メトロポイントから、マイルへの移行は、月に最大でも20,000メトロポイントまでと決まっていますので、この上限もちょっとネックではありますが、効率的にマイルを貯めたいという方が多いでしょうから、メトロポイント経由がおすすめですよ。

その意味でも、ソラチカカードは必須ですね。

この方法を使うと、今回のソラチカカードの入会キャンペーンは、最大で28,900マイル相当のプレゼントになります。なかなかのインパクトですよね。

ソラチカカードを使えばポイントサイトでANAマイルを稼げる

Oki DokiポイントのANAマイルへの交換で、ソラチカカードのメリットを紹介しましたが、Oki Dokiポイント以外でも、ソラチカカードは大活躍します。

というよりは、Oki DokiポイントのANAマイルへの交換にソラチカカードを使う方がマイナーな使い方でして、よりおすすめの方法が、ポイントサイトで獲得するポイントを、ソラチカカードを使うことでメトロポイントに交換して、ANAマイルへの交換率を高める方法です。

例えば、ライフメディアというポイントサイトで得られるポイントについて考えてみます。

ポイントサイト・ライフメディア

ライフメディアに登録した後に、ライフメディアのサイトでお目当てのサービスを選び、その広告をクリックしてからそのサービスを利用すると、ライフメディアのポイントが貯まります。

ライフメディアのポイントをANAマイルに交換するルートは、

ライフメディア Gポイント LINEポイント メトロポイント ANAマイル

の順になります。

LINEポイント→メトロポイント、メトロポイント→ANAマイルでの2か所で交換レートが90%なので、トータルでは、ライフメディアのポイントからANAマイルへの還元率は81%です。つまり、ライフメディアで10,000ポイントあると、8,100ANAマイルに交換できるということです。

ポイントサイトのポイントをなるべく多くのANAマイルに交換しようとすると、このルートが最も還元率が高いので、多くの陸マイラーが使っている交換ルートですが、このルートを使えるのは、ソラチカカードを持っている方だけということで、ANAマイルを貯めている方にとっては、必須のカードと言えます。

ちなみに、マイルを貯めていない方は、ポイントサイトで得られるポイントは、現金として自分の口座に振り込んだり、電子マネーにチャージしたりという使い方が便利でしょう。

ソラチカカードの申込におすすめのポイントサイト

ソラチカカードは、マイルを貯めようという方におすすめということを紹介しました。

それは、メトロポイントへの交換を経由することで、ANAマイルへの交換レートが上がるからですね。このメリットが大きいので、マイルを貯める方は、ソラチカカードは必須と言えますが、申込にあたっては、直接、JCBカードの公式サイトに行って申し込むのは、とてももったいない方法です。

というのも、ポイントサイトを経由してから、ソラチカカードを申し込むことで、大きなポイントバックを得ることができるからです。

2019年6月時点では、ライフメディアちょびリッチのポイント還元が非常に大きく、7,000ポイント分もあります。

ポイントサイトのことを簡単に紹介しておくと、ポイントサイトは、会員登録が必要ではありますが、その会員向けに、ポイントサイト内で各種広告があって、その広告サービスを利用するごとに、ポイント還元するものです。

クレジットカードを作成するということでもポイントが得られて、ソラチカカードの場合は、それが7,000ポイントにもなるのです。

同じ案件でも、ポイントサイトごとに得られるポイントは変わってきますので、ソラチカカードを申し込むなら、少しでもポイントを多く得られるポイントサイトから申込をしたいですよね。そういう意味で、おすすめなのは、ライフメディアと、ちょびリッチです。

どちらのサイトも、会員数も多く実績があるポイントサイトですし、登録料や年会費は発生しませんので、コストは全くありません。

ポイントサイトを経由してから目的のサイトに行くというひと手間を加える必要がありますが、クレジットカード作成案件では、高額のポイント還元が得られるので、使わない手はないでしょう。

ポイントサイトで獲得するポイントは電子マネーや、現金に交換できますし、いくつかのポイントへの交換を経由することで、マイルへの交換もできますから、非常に汎用性が高いですよ。

ポイントサイトに登録してポイントを貯めてみたものの、使えなかったということにはなりませんから安心してください。

ライフメディアちょびリッチのことが気になったかたは、こちらから登録をどうぞ~

ライフメディアへの登録はこちらから↓

ライフメディアへ無料登録

ちょびリッチへの登録はこちらから↓

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

まとめ

ANAマイルを貯める方には必須のクレジットカードといえば、ソラチカカードでしょう。

クレジットカードでANAマイルを貯める場合、クレジットカード利用額に対するマイル還元率が注目されがちですが、ソラチカカードを持っているとメトロポイントを経由することができるようになり、ポイント交換でANAマイルの獲得を増やすことができるのです。

ANAマイルを貯めようという方は、ソラチカカードを、ポイントサイトのライフメディアか、ちょびリッチを経由して申し込むことで、よりお得にマイルを貯めることができるのでおすすめです。

最後に注意点

結構、忘れてしまいそうなのですが、、、ソラチカカードの入会キャンペーンでポイントを獲得するには、キャンペーン登録が必須ですので、お忘れなく!!